ホーム

昭和初期になってから、日本では美容整形が行なわれるようになりました。
これは、町医者といわれる開業医たちによって技術を高められてきたもので、ヨーロッパから流入してきた技術を、独自に研究して高めてきました。
欧米文化が、戦後になると日本にも流入してくることになり、女性の中でも高い鼻、二重まぶたについて憧れを持つようになっていきました。それにより、美容整形の需要も高まりました。 Continue reading ‘日本における美容整形’ »

エステと美容整形、というものについて、似ているというイメージを持っている人も多いかと思います。しかし、これは根本的なところでは異なっているものなのです。だいたいの認識としては、治療を目的としているものは美容整形であり、それに対してマッサージ、リラクゼーションを目的としているのは、エステサロンということになりますね。 Continue reading ‘エステと美容整形はどう違うのか’ »

血行が悪化してしまうことによって、冷えというのは起きてしまうのです。その主な原因としては、女性特有のホルモンの変動だったり、自律神経の乱れ、貧血、低血圧、日常生活の習慣なども要因になることがあります。それに対して、むくみも心臓や腎臓、肝臓などのトラブルもありますが、一過性のものなどもあります。どちらの場合でも、女性のほうが男性よりも圧倒的に多くなっています。それは女性のほうが体の中で血流の多い筋肉が少ないことだったり、逆に一度冷えると温まりにくい性質がある皮下脂肪が多いため、であるとされています。 Continue reading ‘冷えやむくみになる理由’ »

冷え性という言葉は、西洋医学には存在していないものです。しかし、東洋医学においてはこれは一つの病気として考えられているものです。冷えは悪化すると頭痛や肩凝り、腰痛、腹部の張り、痛み、のぼせ、めまい、いらいら、生理不順、生理痛などに発展することもあり、更年期の不定愁訴を悪化される可能性もあります。 Continue reading ‘冷えやむくみになってしまうと’ »

豆乳バナナダイエット、というものを聞いたことがあるでしょうか。この方法はとても簡単なもので、晩御飯の量を少なくして、またはこの豆乳バナナジュースに置き換えるというものです。
豊富に含まれているビタミンEによって、大豆たんぱくの分解を行います。これは、代謝を促進するという効果があるのです。そのために、大豆たんぱくの効率が高まり、痩身効果へとつながっていくのです。
ですが、バナナそのものにビタミンEが豊富に含まれているというわけでもないのです。実は、ビタミンEというのは脂溶性ビタミンの一つであり、果物に多く含まれているというわけではありません。
Continue reading ‘豆乳バナナジュースを取り入れよう’ »

肌のケアをするのであれば、スキンケアは必須になります。これはとても大事なことですね。ですが、食生活を改めたり、体の中からきれいにして美肌につなげていく、ということも非常に重要になります。
体の健康のために効果を発揮してくれる食べ物は多くありますが、肌のしみだったりしわ、たるみに対して特に効果があるのが、シナモンです。知っている人は少ないのではないかと思います。 Continue reading ‘シナモンなら毛細血管を活性化できる’ »

無駄毛の処理をするときに、処理をすることばかりに集中するあまり、処理をした後のケアを怠りがちになってしまうこともあります。処理の後のケアをすることも、無駄毛処理の中には含まれているのです。処理をしたら、しっかりとケアをすることも忘れずに行いましょう。 Continue reading ‘無駄毛処理をしたらケアも’ »

ヒアルロン酸は美容に対して高い効果があるということで知られているものです。しかし、同時に健康に対しても高い効果があるとされ、病気を治す力も持っているのです。病気に効くということはあまり知られていないようですが、例えばリウマチ、アトピーなどの改善に対しても効果をもたらしてくれます。しかし、摂取していれば必ずそれが治るというわけではないので、気をつける必要があります。 Continue reading ‘ヒアルロン酸によって直せる病気がある’ »

日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という二つのタイプがあるのです。
まず紫外線吸収剤の場合には、その効果として一度紫外線を吸収して、それから熱エネルギーに変換して放出をするというような作用を持っています。しかし、これは化学反応であるために肌に対しての負担が懸念されるところです。日焼け止めに表示されているSPFという値は、その数値が高くなっているほど肌に対しての負担が高くなっていきますが、SPF値は50までであり、吸収剤の場合には簡単にこのSPF値を高めることができるのです。
紫外線吸収剤の場合、その成分としては主にケイ皮酸湯胴体(メトキシケイ皮酸オクチル)、パラアミノ安息香酸誘導体(自メチルPABAオクチル)、ジベンゾイルメタン誘導体(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン)、ベンゾフェノン-9など。 Continue reading ‘日焼け止め成分は二種類ある’ »

美容と腸内の関係というのは、実は関係を持っているものだといわれています。例えば25歳はお肌の曲がり角、という言葉を聞いたことがあるかと思います。実際、これは食生活のバランスなどから、肌にとって25歳というのが大きなポイントになっているのです。
その理由は、腸内でつくられる毒素物質が体内に吸収されることで、最終的に肌から外に排出されることになります。吹き出物、湿疹などが酷くなってしまうのが、まさにこのときです。特に、飲酒をしたときには肌荒れなども出てくることが多くなります。 Continue reading ‘乳酸菌と美容との関係’ »